TOP > 耐震住宅工法テクノストラクチャー

耐震住宅工法テクノストラクチャー

地震大国日本。
阪神・淡路大震災以来各地で大きな地震が頻発し、耐震住宅に関する相談も年々多くなってきています。生命と財産を守る大切な住宅としてパナソニックの「テクノストラクチャー」をお薦めいたします。

テクノストラクチャー工法とは

 

テクノストラクチャー工法は、木造住宅の要となる梁と接合部を鉄鋼で徹底的に強化した新工法。
独自の構造計算システムですべての住宅の設計時に耐震診断を行います。
構造計算によって「地震」や「台風」や「豪雪」に強いことが確認された住まいをお届けするとともに高強度の構造体がもたらすひろびろ空間も実現しています。

テクノストラクチャーの強さの秘密

 

テクノストラクチャーの構造の要は、木材と鉄骨のよさを組み合わせた複合梁「テクノビーム」。芯材のH型鋼の曲げ強度は同サイズの木製梁の3倍以上。
また、テクノストラクチャーは同工の鉄骨部を、オリジナルの金具とボルトで接合。全ての部位で安定した高強度を実現しました。

テクノストラクチャーの特徴

 

オリジナル部材を使い、構造
計算や耐震実験を行うことで
強度を高めました。

木の家ならではの自由な設計。
将来の間取り変更も可能です。

丈夫な構造体で空間を有効活用し、ゆとりある生活空間を確保できます。

信頼のある施工認可店

 

テクノストラクチャーの住宅を建設できるのは、
所定の研修を修了した、地域のハウスビルダー
です。
パナソニックの認定を受けた施工管理者が
現場を管理します。
・全国約570社
・累計15000棟以上の実績

テクノビーム

 

テクノビームとは

木造住宅で大きな負担のかかる梁の部分に使う部材の名前です。
10cm X 20cmのH形の鉄骨を芯材に、上下を10.5cm X 4.5cmの集成材で挟んだオリジナル複合梁です。2階の重い家具やベッドの力もしっかりと受け止め、住宅のゆがみをなくします。


なぜ梁に鉄骨を使っているのか?

割り箸をご想像ください。
まっすぐに立てて押した時はなかなか折れず、横にして力を加えた時は簡単に折れます。
そのように木は生育してきた縦向きには強いですが、横向きにして使うと弱い部材なのです。その木造の弱い部分に鉄骨を用いたのがテクノストラクチャー工法なのです。

鉄をつかうことによるメリットは?

芯材に鉄骨を使っているのが特長です。
鉄骨を用いることの最大の利点は経年的な劣化を起こさないことです。木の梁ですと何年か経つとどうしても上からの重量によって「垂れ」てきます。
これにより、下の階のドアやふすまの開閉がしずらくなったり、2階の床が歩くたびに「ギーギー」鳴ったりしてしまいます。それが、鉄骨を用いますと何年たっても垂れてきませんので、いつまでも新築気分で生活することができるのです。

全棟構造計算

 

パナソニックによる構造計算

パナソニックの専門家により、一棟一棟
「構造計算」が行われます。


構造計画書

構造計算の結果はすべてのオーナー様にお渡しする「構造計算書」でご確認いただけます。
また、構造計算の流れを「デモ画面」でご覧いただけます。 災害時に住まいにかかる力を入力。 個々の設計条件に合わせて311項目の強度チェック! すべての項目をクリアでして安心の構造の完成。

運用システム

 

地域の優良ハウスビルダーがパナソニックのノウハウを活用し、良質な住まいをお届けします。
※お施主様との契約、及び全ての元請責任、アフターメンテ責任は、テクノストラクチャーの施工認可店が請負わせていただきます。

 
 

ハクシンホーム MENU

ハクシンホームとは エコ住宅 耐震住宅工法テクノストラクチャー 新築施工事例

新設道路舗装工事例リフォーム 住宅エコポイント